有馬記念データ | 競馬データ

有馬記念データ | 競馬データ

競馬データ

競馬に関する要素にはいろいろなデータがありますね。 例えば)騎手・調教師・種牡馬・枠順・展開などなど そのデータの中で何のデータが一番いいのか それを分析することが大事ですね…。

有馬記念データ | 競馬データ

有馬記念データ

 

過去10年の有馬記念データ

ジャパンカップからの直行組が大多数を占めていて(4・3・5・54)という成績ですが、中でもジャパンカップで3着以内だった馬に限定すると(4・1・1・11)と好走していることがわかります。

 

また天皇賞(秋)組も(3・0・2・7)、菊花賞は(2・1・0・6)、凱旋門賞が(1・1・0・1)とそれぞれ出走頭数は少ないですが、好成績を残しています。
一方成績が振るわないのが、ステイヤーズS組で11頭が出走して馬券に絡んだ馬はいません。

 

有馬記念予想【2014年】からも期待できますね。

 

人気別の有馬記念データをみると、1番人気は(6・3・0・1)の複勝率90%で、2007年に1番人気で8着だったメイショウサムソンを除いては連対しています。このことから馬券の組立ては、1番人気を軸にするのが堅実です。

 

なお、血統別に有馬記念データをみると、ステイゴールド産駒が(4・1・1・5)と好走しています。その他でもアグネスタキオン産駒や、ネオユニヴァース産駒、スペシャルウィーク産駒などサンデー系の産駒の台頭が目立ちます。
ただし、サンデー系でもダンスインザムード産駒は11頭が出走して、1頭も馬券に絡んだ馬がいないので割引きが必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ