天皇賞(秋)データ | 競馬データ

天皇賞(秋)データ | 競馬データ

競馬データ

競馬に関する要素にはいろいろなデータがありますね。 例えば)騎手・調教師・種牡馬・枠順・展開などなど そのデータの中で何のデータが一番いいのか それを分析することが大事ですね…。

天皇賞(秋)データ

天皇賞(秋)データ

 

過去10年の天皇賞(秋)データ

前走毎日王冠に出走していた馬が(5・3・2・51)で出走頭数も活躍馬多いですが、宝塚記念組も(2・2・1・17)と好成績を挙げています。また出走頭数は少ないですが、札幌記念組も(2・0・2・8)で単勝回収率909%、複勝回収率215%なので、出てきたら買って損はありません。

 

年齢別に天皇賞(秋)データをみると、かなり活躍している年齢に偏りがあることがわかります。まずもっとも好走しているのが4歳で(5・4・3・30)、次いで5歳で(4・3・3・41)です。
天皇賞(秋)予想からも必要ですね。

 

しかし、6歳以上では2009年に8歳で優勝したカンパニーを除いては、連対した馬がいません。50頭以上が出走して3着2回のみという成績からも、6歳以上の馬は相当割り引いて考えて良さそうです。

 

脚質から天皇賞(秋)データをみると、中団から脚を溜めてレースをした馬が(8・4・5・61)で最も好走しています。逃げた馬にとっては厳しい展開になることが多く、逃げて馬券圏内に入ったのは2008年2番人気2着のダイワスカーレットのみです。その一方でも、後方過ぎても脚を余すケースが多いので、好位〜中団でレースができる馬を選ぶのが得策です。


ホーム RSS購読 サイトマップ