競馬データ

競馬データ.net

競馬データ

競馬に関する要素にはいろいろなデータがありますね。 例えば)騎手・調教師・種牡馬・枠順・展開などなど そのデータの中で何のデータが一番いいのか それを分析することが大事ですね…。

競馬データとは…!!

競馬データ

 

競馬を予想する上で重要となるのが、データです。なぜならば、データを紐解いてみると、競馬場の適正や人気別の傾向、主要なステップレースなどがわかるからです。

 

また競馬場ごとの枠順の有利不利や、有利な脚質なども見つけることができます。
競馬データが100%とは言い切れませんが、重要であることは確実に言えるのです。

 

競馬は毎回強い馬が順当に勝つとは限らないのです。さまざまなファクターが絡み合い、
順当な結果から時には波乱を巻き起こすこともあります。周りは気づいていなかったけど、実は高確率で当てはまる競馬データに合致していたということもあります。

 

さらに2歳や3歳の重賞の場合、さらに競馬データは重要になります。
経験がない馬たちを陣営コメントや実績だけで判断するのは早計だからです。
例えば、生産牧場やキャリア数など細かい競馬データを分析することによって見えてくることもあります。

 

古馬のレースにおいてもデータの重要性は変わりません。
たとえば、有馬記念で過去10年ダンスインザダーク産駒は馬券に絡んでいません。
ですが、2012年に出走したダークシャドウはダンス産駒で、これまでの実績から4番人気に指示されていました。ダンス産駒が有馬記念で好走例がないというデータを知っていた人は、買い目から外すことができましたが、知らない人であれば上位人気であるゆえに買い目に入れてしまうでしょう。

 

また、同じく有馬記念では1番人気の馬は90%連対しています。これを知っていた人ならば、2013年の有馬記念でオルフェーヴルに多少不安要素があったとしても軸から外すことはできないでしょう。そして、結果的に8馬身ぶっちぎって買ったことからも、切った人は後悔していることでしょう。

 

このように、競馬データとは競馬予想をする上で必要不可欠なのです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ